またがるの日常英単語

またがる(跨がる)を英語でいうとなんていう

熊にまたがった金太郎

 

まさかりかついだ金太郎〜 くまにまたがり御馬のけいこ 
という童謡は皆さんご存知でしょう。

 

知らない方もいるのかな今の時代は。

 

ということで、今日は、またがるです。
またがるとは 漢字では跨る。

 

自転車にまたがる、バイクにまたがる、馬にまたがる
足を開いて、何かに乗るという行為です。

 

車に跨ることはできませんので、跨ることができる
ものは限られています。

 

自転車にまたがる

 

利根川は数県にまたがって流れている。のまたがる
ではなく乗っかるほうの、またがるです。

 

で、跨がるは英語でなんていうのでしょうか?

 

またがるは英語で ride, astride など
を使います。

 

日本語でも馬に乗る、自転車に乗るとも言います
が、跨がるというのは、静的なイメージで動きがない。

 

状態を指すようなイメージがしますね。

 

○ He sits astride the chair

 

  彼は椅子にまたがってそわっている

 

○ He rides astride his horse.

 

  彼はまたがって彼のうまに乗っている。

 

またがるだけでは、前に進みません。
ride がないと前にすすまないので、astride

 

を副詞で説明しています。

 

金太郎さんは、くまにまたがり、お馬の稽古では、
動いているのか、止まっているのかが、はっきりしません。

 

He rides his motorcycle だけでも、かれは自分のバイクに
乗っている。 

 

で、バイクに乗っていれば、またがっているのは当然として
astride をつけません。

 

 

 

page top