怪我・病気に関係した日常英単語

怪我・病気記事一覧

父が認知症になりました。あれだけ、理路整然と論理的に物事を進め、話す父が認知症になりました。アルツハイマー型認知症ということで特効薬はまだ存在しないそうです。記憶力と記憶が薄れ、以前の父とは別人のようになっていくのを見ると寂しくなるものです。父は要介護3の認定を得、デイサービスに通っており、現在の介護環境にが他人事ではなくなってきました。で、認知症とは英語でなんていうのかな。洋の東西を問わず老化現...

新陳代謝、この日本語の意味はどんなイメージでしょうか。古いものが新しいものに取って代わる、若い時には頻繁に行われていますが、年齢を重ねるごとにそのスピードが衰え、疲れが取れにくい、傷の治りが遅い、肌のみずみずしさが落ちるなどのイメージでしょうか。そういった肉体上のイメージから、企業などの組織においても新陳代謝という言葉は使われ企業を活性化させるという意味で使われているという認識です。その新陳代謝を...

認知症の父は自分が糖尿病であることを忘れ、糖尿病によくはない食べ物を口にしたがります。お酒もタバコも吸わず 甘いものが好物な父は、なるべくして糖尿病になってしまいました。。糖尿病は血糖値に表れ、合併症を引き起こします。そうなる前は痛みなどの自覚症状もないので悪化させてしまうのです。ましてや父は認知症、自分で自分を律することができないので、まわりのものが薬の投与、食事制限をしなければなりません。さて...

夏本番 各地で猛暑日になっております。暑さの中で起こるのが熱中症 環境や体力や年齢などの個人差はあるものの、適切な処置が遅れれば死に至る可能性がある怖いものです。そんな熱中症、 英語では何ていうのでしょうか?熱中症は英語で heatstroke と言います。熱中症の他に日射病や発熱病などの区別もあるようですが熱による障害を総称して熱中症といい、日射病なども英語では heatstoroke と言わ...

痛えー!車のリアのハッチを下ろそうとしたら、なんと、頭に角をぶつけました。痛えー!自分に腹が立つ。しばらくすると腫れて、たんこぶが。手で触ってもはっきりとわかるくらい。たんこぶなんかできたのは久しぶり。じゃ、たんこぶ、英語でなんていうだ?ん-わからない、余計痛くなってきた。頭をぶつけて、たんこぶができるのは、日本人だけではないでしょう。で、調べると英語でたんこぶは  lump と言います。この l...

うちの裏庭には、雑木林があり、夏になればセミの大合唱。そして、困るのが 蚊 庭にちょっとでれば、蚊に刺されてしまいます。大体、蚊というものは、血を吸って生きているのであれば、人間がいないところでは、何の血を吸っていきているのでしょうか? 鳥? 猫? 犬? 哺乳類以外の血も吸うのでしょうか。血を吸うだけなら、あんな小さな虫であれば、多少は許しもしますが、その後の痒みは許せん。痒みがあるから、血を吸わ...

page top