事件で使われる日常英単語

送検は英語でなんていうのでしょう

人がいる限り事件・事故はなくなりません。

 

毎日、どこかで、誰かが何らかのと犯罪を犯し捕まったニュースが
流れない日はありません。

 

そこでよく見たり聞いたりする言葉が送検

 

送検とは何でしょうか?

 

送検とは身柄送検と書類送検というものがあり、

 

犯罪を犯し、警察に捕まった後、検察官にこの
事件の書類及び、証拠物とともに送らなければ

 

ならないのです。重大事件であれば犯罪を犯した
本人も身柄を拘束され一緒に送られ、これを身柄送検と言います。

 

軽びな犯罪且つ、逃亡の可能性が薄い者は、書類
のみ送られるとこととなります。

 

こちらは書類送検と呼ばれます。

 

身柄送検と書類送検をあわせて送検と呼ばれます。

 

送検されることにより、警察から検察に事件が委ねられう
ことになります。

 

と、日本語での意味がわかった上で、

 

送検、英語で何ていうんでしょう

 

送検は英語
send to the public prosecutor's office と言います。
書類送検は英語
sending documents to the public prosecutor's office

 

prosecutor  というのは検察官 

 

the public prosecutor's officeは検察庁

 

documents は書類ですね。

 

法律的な英語は、訴訟などのプロセスが日本と
英米とどのように違うのか?

 

日本語であっても分からない言葉は法律用語には
沢山ありますが、どこまでが一般的、日常語の範疇なのでしょうか?

 

詳細はわかりませんが、日常の報道の中であたりまえのように流れる

 

言葉は抑えておきたいと思います。

 

そういえば、他にも逮捕、起訴 前科 留置 
勾留 など 知っておいた方が良い言葉が
ありますね。

 

 

まず、日本語でその意味がよくわかってい
るのが前提です。

page top